2015年のイベント報告
  • 2015年イベントスケジュール案
    実施日 開 始 終 了 イベント 会場等
    5月2日(土) 14:00 16:30 森のコンサート
    終了
    ミラクル・フルートの宴
    5月3日(日) 10:00 ゴルフコンペ
    終了
    富士レイクサイドカントリークラブ
    8月1日(土) 14:00 15:40 定 時 総 会
    終了
    サロン
    16:00 18:00 森のコンサート
    終了
    エスニックジャズ・POTATO
    8月2日(日) 8:00 8:30 朝 市
    終了
    管理事務所下駐車場
    9:30 16:00 テニス交流会
    終了
    テニスコート
    8月8日(土) 14:00 17:00 森のコンサート
    終了
    イージー・クラシック
    8月9日(日) 9:00 10:00 AED講習会
    終了
    サロン
    10:30 11:30 ウォーキング&ジョギング大会
    終了
    多目的広場(スタート10時30分)
    10月25日(日) 9:00 ゴルフコンペ
    申し込み受け付け中
    管理事務所まで
    富士レイクサイドカントリークラブ
    5組
朝市        ブドウ
  • 朝市は毎年大人気
    日時   8月1日(日) 午前8時 - 8時30分
    場所   管理事務所下駐車場
    好評の朝市が今年も開催されました。忍野近辺の地元の新鮮な野菜を毎年販売しています。今年も多くの方が早朝から来場していただきました。公正を期すために開始時間の8時ちょうどに販売を開始しました。何と8時15分にはほとんどの商品が完売いたしました。人気の商品は時間前に長い列ができました。お買い上げくださった方、早朝からありがとうございました。

  • 朝市の写真
森のコンサート    ト音記号  
  • 今年も森のコンサートは3回

     第1回

    ミラクル・フルートの宴・・・ (3人編成)
          ジャズ~ポップスまで各種フルートを駆使してミラクルな世界!
          (アルト・ピッコロ・篠笛・リコーダー等各種笛)
    フルートほか   笛吹きKana
           (ダイナースクラブ動画コンテスト管楽器部門第1位・同篠笛コンテスト2位)
     ビブラフォン   山口真由子 (TukーPak・Potatoでおなじみのメンバー)
     パーカッション  熊本比呂志 (山下洋輔Solo&Moreレギュラーメンバーほか)

    日時   5月2日(土) 午後2時 - 午後4時
    場所   管理事務所サロン


    2015森のコンサート第1弾

     風のささやきと鳥の声につつまれて、5月2日(土)、ライトジャズの集いが開かれました。おなじみの山口真由子さん(ビブラフォン)、常連の熊本比呂志さん(パーカッション)、初出演の笛吹きKanaさん(フルート)を迎え、他に例を見ないスペシャルトリオを結成。笛吹きKanaさんと山口真由子さんは初対面で、曲目も未定という、プログラム全体がインプロビゼーション(即興演奏)状態でしたが、さすがにそこはプロ。ちょっと音を合わせると、ルンルン気分でプレイが始まります。
     1曲目は“イズント・シー・ラブリー”。3人が楽器で会話しながら、息を合わせてゆきます。「さあ、君が入って」みたいなことを、音で話し合っている感じ。2曲目は、“マイ・フェイバリット・シングス”を、明るいサンバ・バージョンで。すっかり聴衆を魅了したところで、恒例の楽器紹介です。
    パーカッションは、ボンゴ、コンガなど世界各地の太鼓に加え、今回はセミーアという、木の実を連ねた珍しい打楽器が登場。熊本さんの独奏はアドリブで、タイトルは“5月2日”。本日の3曲目です。つづいてビブラフォン(マリンバ)。山口さんの独奏はビブラフォンのための名曲“レイン・ダンス”。ビブラフォンはローズウッド製で湿度に弱く、木が汗をかくと音程が狂うので、大切なのは除湿(本人は保湿?)だそうです。最後にフルート。笛吹きKanaさんはジャズの人ですが、フルートは元々クラシック楽器なので、“アルルの女”を独奏。クラシックもやるのかと感動していたら、1本のフルートでジャズの音、和風の音と吹き分ける芸を見せ、聴衆はやんやの喝采です。
    5曲終わって、6曲目が第一部のラスト。ふたたび3人がひとつに溶けあい、曲は“マッカーシー・ワルツ”。Kanaさんはリコーダで演奏に入り、フルートに持ち替えます。
    さて今回のコンサートでは、合間の休憩から飲み物とつまみが用意されました。左党はアルコールを片手に、皆で楽しく歓談していると、前触れもなく演奏が始まって、第二部が静かにスタート。まるでジャズクラブのようです。1曲目はジャズで“アフロ・ブルー”。ビブラフォンとパーカッションの素敵な対話に、リコーダがしっとりとからみ、フルート、ソプラノリコーダと変わります。2曲目は日本の曲で“砂山”。笛の音がよく合って、懐かしさでいっぱいになりました。3曲目も日本の曲。“リンゴ追分” Kanaバージョンです。篠笛が登場し、神楽を思わせる演奏がジャズのコードで進むという異次元体験に酔います。そして4曲目は、Kanaオリジナル“芽吹きの里”。出身地福井の山里を胸に作曲したそうです。オカリナの素朴な音色が郷愁を誘う、とてもきれいな曲でした。
    うっとりしているうちに、とうとう最後の曲へ。5曲目はディズニー映画“シンデレラ”から“ソー・ジス・イズ・ラブ”。ビブラフォンとフルートの掛け合いが神技! これで終りだなんて、聴衆が許すはずもなく、もちろんアンコールの大合唱です。
    アンコール曲は、まさかのチャイコフスキー。“チャールダッシュ”の演奏で、Kanaさんはオモチャのオカリナトロンボーン(大小2本)までも投入し、最後は2本同時に吹くというサービスぶりでした。
    深夜の12時にはならないけれど、「これはミラクルだわ」と言ったシンデレラのように、私たちのミラクルも終了。あとはいつものビールパーティでした。



    第2回
     エスニックジャズ・POTATO  
    日時   8月1日(土) 午後4時 - 午後6時(総会終了後)
    場所   管理事務所サロン

    涼しい森で、熱いジャズ!
    ―― 8月1日、森のコンサート第2弾 ――

     焼けつく下界をしりめに高原の涼風に吹かれながら、今年2回目となる「森のコンサート」をみんなで楽しみました。久しぶりにエスニックジャズのPOTATO(ぽてと)を迎えて、いつものスタッフ、いつもの場所で。メンバーは、おなじみの山口真由子さん(ビブラフォン)、常連の熊本比呂志さん(パーカッション)、赤塚謙一郎さん(トランペット)、笠原本章さん(ベース)。通常のピアノ/ドラムではなく、ビブラフォン/パーカッションで演奏するユニークなジャズユニットです。
     演奏は“パパ・ラブス・マンボ”で陽気にスタート。“サニー・サイド・オブ・ザ・ストリート”“キャラバン”と、有名なスタンダードナンバーがエスニックなアレンジで続くと、外廊下までいっぱいの聴衆は、もうすっかり溶けあった感じ。4曲目の“アマポーラ”では、赤塚さんが珍しいフリューゲルホルンに持ち替え、しっとりと聞かせます。5曲目は一転、スラム街の犬をテーマにした“ドッグズ”で盛り上がり、熊本さんの遠吠えと会場の手拍子のうちに、第一部が終了。バルカン半島の曲だそうで、エスニックといっても奥が深いのです。
     さて小休止を挟んで第二部は、6曲目 “マッシュ・キャナダ”から。ボサノバですから、もちろんエスニックそのもの。7曲目はガーシュインの名作“スワンダフル”。リズムがめまぐるしく変わり、小気味よくプレイがキャッチボールされて、ガーシュインも驚くほどスイングします。8曲目もスイングで、“ユー&ザ・ナイト&ザ・ミュージック”の笠原バージョン。インド風のアレンジです。マハラジャが現れそうな山口さんのビブラフォンにつづき、トランペットも、なにやら、あやしげ。「あなたと夜と音楽と」という邦題とは、かけ離れたイメージでした。次の9曲目は、インドから中近東へ一っ飛び。ビートルズ“ノルウェーの森”トルコ風。途中に7拍子が入る聞いたことのないアレンジですが、POTATOの得意曲の一つだそうです。そして10曲目は、早くもこの日のラスト。西田佐知子や森山加代子が歌っていた“コーヒー・ルンバ”です。ザ・ピーナッツも歌いましたね。お歳によっては、ウルっとくるかもしれません。
    マンボで始まりルンバで終わる……はずでしたが、アンコールの大合唱・大喝采に促されて、もう1曲。お別れは、ザ・ロイヤル・ティーンズの“ショート・ショーツ”です。熊本さんが「デザートみたいな曲」と言う通り、〆にふさわしい一曲でした。興奮の後、適度にクールダウンします。
    あ、大事なことを忘れてはいけませんね。POTATOは今年、結成9年目にして初めてCDを出しました。1枚2500円です。皆さま、よろしく!




    第3回

     1部  グラスハープ
    日時   8月8日(土) 午後2時 - 午後5時
    場所   管理事務所サロン

    8月8日・猛暑が続く都会を離れた、ここスバル高原で,さわやかに森のコンサートが開催されました。
    第1部は、開演前、ピアノの横に置かれた青色の水が入ったワイングラスに皆さん怪訝な顔!様々な大きさのワイングラスに興味深々・・そうです!これがグラスハープという楽器だったのです。どうしたら音が出るのかな~??そこで、演奏者の久保田さんが、優しくグラスの淵をなでるとワイングラスの中から朝もやのごとく音が湧き出しました。その優雅な音色は、しっかりとサロン中に届きました。
    演奏が始まりました。クラシックの、のばら・白鳥・アヴェマリア・タイスの瞑想曲などなど次から次に耳に馴染んだ名曲の数々。 後半は、浜辺の歌など皆さんご存じの曲目を全13曲、・・ひたすら演奏と音色の心地よさに全員が耳を預けていました。 
    久保田さんは定年後グラスハープの写真を見て独学で学び,楽器は100円ショップのグラスからスタートして、市販のグラスを3年ほどかけて揃え、現在の形にしたそうです。スバル高原別荘仲間のオーナー打田咲さん(ピアニスト)が曲のご指導・伴奏もされて静岡市内で演奏活動をしておられるそうです。
    演奏会の進行MCは、打田さんの御主人さまでしょうか?・・MCも、演奏も、息のあった演奏会でした。
    また、屋外には、テスト用のグラスハープも置かれて、皆さんチャレンジ!音が鳴る方もおり‥鳴らない方もいて、盛り上がりました。





     2部  イージー・クラシック・・ ( ピアノ・バイオリン・ソプラノ3人)
    森と癒しのクラシック ピアノ・独唱・バイオリンによる演奏となりました。
    ピアノの嶋田郁子さんは、ピアノ連弾やオーボエとの共演で森のコンサートではおなじみの演奏家です。
    さて、サロンは、いきなりプッチーニの乾杯の歌(椿姫より)・(ラ・ボエームより)と連続してオペラ独唱からスタートし、村越万利子さん(二期会)の会場を包み込むような伸びやかな歌声に酔いしれました。バイオリン(鈴木由美さん)は、18世紀の盲目の女性ピアニスト・パラディスが作曲したシチリアーノ・哀愁を帯びたフレーズで構成されている曲を、気品あふれる演奏で堪能させて下さいました。
    さらに、バッハの無伴奏ソナタ・シャコンヌでは、こんなにも音楽に真摯に向き合った演奏を避暑地の小さなサロンで楽しめるなんて、なんて贅沢なのだろう~!感激の一言でした。
    ピアノ(嶋田郁子さん)は、リストの(愛の夢)超絶技巧のリストの中では比較的メロディックで愛らしい音楽ですが、ダイナミックで、繊細な彼女のピアノに思わず心が引き込まれました。
    最後は、浜辺の歌・ヤシの実など日本の抒情歌をメドレー編曲して3人で演奏し、皆さんも口ずさんでいました。 ヤシの実では、もはや歌声喫茶【森】状態となって、演奏者とコンサート参加者が一体となった楽しい音楽会に成りました。
    当然・・そのあとではビール・ワインが出されて、演奏者も参加して森のワインサロンは遅くまで盛りあがりました。                                   記・熊本


  • 森のコンサートの写真
テニス交流会    
  • 日時平成25年8月2日(日)10:00-16:00
    場所:京王二次別荘地テニスコート

    恒例のテニスイベントは、今年も8月第1日曜日、2日の朝市に引き続いて別荘内テニスコートで開催されました。今年は理事会だよりにイベントの開催予告を出しただけでしたので 、戸惑われた方が多く、いつもより少な目の24名の参加者でした。お馴染みのラリーコーチと16-1の山崎さんがコーチ&アシスタントをして下さいました。いつもの玉出しの練習は少な目にして 、A,B別のクラス対抗戦形式で実践的な試合を中心に楽しんで貰いました。なんと結果はA:B=44:44の引き分けでした。怪我も熱中症の方も出ず、無事終了し、サロンのテラスで簡単に打ち上げを行い、ラリーコーチに些少で申し訳ないのですが、山崎さんのご友人と言うことで、お礼をして、解散となりました。来年もテニス教室を予定してますので、ぜひとも御参加下さい。

    (文責:27-14,岡野)


ウォーキング&ジョギング大会    

  • ジョギング・ウォーキング大会の結果
    日時   8月9日(日) 午前10時30分 - 11時30分 
    場所   多目的広場

    今回も、定められたコースを何分で走れるか予想し、完走後のタイムを確認するものですが、自分の体力を考え無理をせずに、上り坂で苦しくなったらゆっくり歩き、コース内の新緑を楽しんでもらうのが目的で行いました。
    参加者は、昨年中止したためか47名と例年よりも少ない人数でしたが、毎年参加している人や、今回初めて参加した人もいました。全員完走してテニスコートに戻り、準備した記念品を受け取り、冷たいものを飲みながら、心地よい汗を感じながら参加者の皆さんで歓談したあと、午前11時30分には散会しました。
    今年もこの大会の前に、管理事務所サロンにAEDを準備してその講習を行うとともに、ベテラン医師が一緒に参加して不慮の事案に対応できる体制で行いました。
    来年も天候が良ければ実施しますが、さらに楽しいものにするため理事全員で工夫をしておりますので、皆様の意見もぜひ寄せてください。
    担当者 田場川

ジョギング大会の写真



AED講習会    
  • 8月9日(日) 9時より管理事務所サロンで実施されました。

    心臓停止状態からの蘇生方法として人間の模型を使った人工呼吸のやり方を実際に体験しながら学び,さらにAEDの使い方を学びます.
    普段の生活で突然倒れたり,意識がなくなった人と遭遇した時に,あわてず的確に救うためには人工呼吸やAEDの使用などを体験しながら習得する事が非常に重要です.


    一度の講習では忘れるために複数回講習を受けることをお勧めします.
    AED講習会は今後も毎年行いますので,出来るだけ多くの方々の参加をお待ちしています.
    ちなみに,AEDの機械は事務所のサロン入り口ドアを入ったところに赤い箱に入って設置されていますので自分の目で確認しておいてください.

    最近では、公共施設等を中心に救命ツールとしての重要性が認識されてきています。
    当別荘地では、平成20年9月から管理事務所センターサロンの玄関入口に設置されています。しかし、いざという時に操作が出来なくては宝の持ち腐れになってしまいます。今回は岡野理事長と製造メーカー(日本光電工)から約1時間程の講習が実施されました。
    AEDとは既にご存知の方も多いと思いますが、心肺停止(①意識がない②呼吸がない③脈拍なし)状態にある時に電極パッドを体に貼り付けて電気ショックを与えて普段どおり呼吸を蘇生させる装置です。当別荘地へ救急車が到着するまで約10~15分位待ちますので、その間は人工呼吸とAEDを使用することになります。

    AED講習会の写真



    ゴルフコンペ  

  • 第12回京王2次懇親ゴルフコンペ
     
    恒例の京王2次懇親ゴルフコンペが風薫る5月3日に富士レイクサイドカントリークラブで開催されました。当日は天気も暖かく爽やかに晴れ渡り、緑あふれる自然の中で桜や三つ葉つつじを愛でながらグリーン上で一日を過ごしました。
    今回は参加者も19名と人数が多く賑やかなコンペとなり、別荘ライフの素晴らしさを堪能したのではないかと思います。

  • 集合写真.JPG


    プレー終了後は別荘サロンで表彰式と懇親パーティが開催しました。

    コンペの成績は優勝が高橋光子様(区画14-9)で、大会史上初めて女性の優勝を果たしました。準優勝は安田 武彦様(区画18-16)、3位は義山鐘興様ご友人の南隆さまでした。

    サロンでの懇親パーティはビールや酒とおつまみが主体の簡単なものですが、飲酒運転の心配もなくアルコールを飲むことができる上に、非常に家庭的な雰囲気の中で歓談が進み、ゴルフ談議やお互いの近況報告などを話し合い、和気あいあいの中で別荘組合員相互の懇親を深めることが出来ました。

    参加者の皆さん大変ご苦労様でした。
    また、10月25日に秋のコンペを開催する予定ですので、気軽に組合員の皆様方およびご家族、ご友人を誘って幅広い参加をお待ちしています。
    文責:前野幹彦(30-6)

    第13回京王2次懇親ゴルフコンペ
    恒例の京王二次別荘懇親ゴルフコンペも第13回を迎え,2015年10月25日に富士レイクサイドカントリークラブで開催されました.
    富士山を背景に松の緑を赤や黄色のカエデが彩り見事な景色の中で,一日中雲ひとつない秋晴れに恵まれた最高の天気でした.
    当初の参加者は15名の予定でしたが,2名の方の都合が悪くなり,総勢13名のコンペでした.
    コンペは新ぺリア方式で行なわれ,優勝は義山鐘興様でグロス90,ハンディ15.6,ネット74.4,2位はネット77の三輪武司様,3位はネット77.8で加々美信光様,またレディス優勝は富田邦子様,ドラコン賞は富田邦子様と小金澤順一様,ニアピン賞は山田章人様と加々美信光様でした.皆さんの日ごろの練習の成果が十分に発揮されたのではないかと思います.
    表彰式とパーティは例年通り別荘事務所のサロンで開催し,二時間ほどゴルフ談議や参加者の近況報告等を行い和気藹々のパーティとなり別荘組合員相互の更なる懇親が深まりました.

    参加者の要望により次回以降開催場所に変化を持たせることになり,1回は富士桜関連ゴルフ場,もう一回は近隣の他のゴルフ場で行なう事が合意され,幹事が検討する事になりました.
    来年度は春は4月末または5月始め,秋は少し時期を早めて9月末から10月始めに開催いたしますので組合員の皆様の多数の参加をお待ちしています.



    ゴルフコンペの写真

    2015・イベント
    富士スバル高原京王第次別荘地
    富士スバル高原京王第二次別荘地WebsiteTOPへ