• 管理室事務所の新体制

    3月末で私たちの別荘ライフを14年も支えてくれた羽田一男さんが退職されました。今後は宮下さんと堀内さんの、どちらかが必ず出勤するシフトで、管理体制は万全。女性陣のシフトは変わらず、月曜日〜木曜日が渡辺さん、金曜日〜日曜日が木戸さん。管理室をしっかり守ります。

富士スバル高原京王二次別荘地・木戸さんさん
富士スバル高原京王二次別荘地
 木戸さん

富士スバル高原京王二次別荘地
 堀内さん

富士スバル高原京王二次別荘地
宮下さん


富士スバル高原京王二次別荘地渡辺さん

  • 木戸弘子さん (昭和18年生まれ/富士吉田出身)

    前任女性管理人の後を受けて、京王ハウジング(当時の管理会社)の紹介で昭和63年に着任しました。それ以前にも京王一次で13年間働いていたので、富士山別荘地の生き字引ともいうべき存在です。外まわりの業務が多い男性陣と役割分担して、連絡・案内・事務・ゲート開閉などのため事務所に常駐しているので、もう皆様お馴染みですね。何かあれば、とりあえず木戸さんに…という体制になっています。仕事の後は手料理で晩酌を楽しみ、好きな本を読むのが、なによりの息抜きだそうです。

    宮下裕二さん (昭和33年生まれ/大分出身・富士吉田在住)

    農業土木を専攻して、自衛隊に31年間勤務。定年退職して管理室に入った異色の経歴です。隊員時代には、北富士演習場で真冬の凍てつく大地に伏せ、真夏の炎天下をフル装備で駆けた男。体力、忍耐力とも、国家保証済です。しかも自衛隊では、土木施設課に14年、演習場管理課に14年。大型特殊免許や測量士の資格を持ち、パソコンにも強い、土木と管理のプロ。別荘地の管理にも、もうすっかり慣れました。 元戦士だからといって、決してコワモテではありません。趣味はなんと、南国フルーツ=キウイの栽培。とても穏やかな人なので、ご安心ください。

    渡辺理恵さん (昭和47年生まれ/富士吉田出身・鳴沢村在住)

    富士吉田に生まれ、結婚して鳴沢村に移住。自宅から管理室までクルマで10分という、ほとんど「お隣さん」のような人。鳴沢村のことなら、ぜひ渡辺さんに聞いてください。独身時代にはハイランドリゾートや泉水(国道138の温泉施設)に勤めていたので、サービス業の心得も充分。サービス業務の多い管理室にピッタリです。四人姉妹の末っ子なので、ちょっぴり甘えん坊かもしれませんが…。毎日楽しく働いています、とのことです。実は木戸さんの知人の奥様で、その縁から、木戸さんとダブルキャストを組むことになりました。別荘地のことも、すでによく知っています。

    堀内克弘さん (昭和30年生まれ/静岡県出身・富士吉田在住)

    自衛隊に36年勤め、富士周辺に5つある駐屯地・学校のすべてに勤務した、富士山一筋の男。定年退職後はセコムに3年在職し、銃を警棒に持ち替えて、第一線のガードマンとして働きました。その後、温泉施設の管理にも携わったので、管理業務の経験も豊富です。趣味はマラソン。経歴から判るように、ジョギングなどというナマ易しいものではありません。何度もフルマラソンを走り、超過酷な富士登山マラソンにも挑戦。五合目までのコースに2回、頂上までのコースに2回出場し、すべて完走しています。普段は物静かな人なので、見かけたら、ぜひお声がけください。



新聞の閲覧及び販売 

(1)閲覧
  • 期  間:7月1日〜8月31日の2ヶ月間
  • 場  所:センターサロン
  • 取扱い紙:一般紙(「朝日」)とスポーツ紙(「日刊」)の2紙
(2)個人購読
  • 販売期間:7月1日〜8月31日の2ヶ月間
  • 申込方法:前金制。管理事務所へ事前連絡のうえ、料金持参。
  • 販売条件:連続で『一週間以上』より可
  • 取扱い紙と料金

新聞名 一部単価 一週間 10日間 1ヶ月
一般紙 朝日 130円 910円 1,300円 3,007円
山梨日日 110円 770円 1,100円 3,007円
産経 100円 700円 1,000円 2,950円
スポーツ紙 日刊  130円 910円 1,300円 3,260円
サンスポ 130円 910円 1,300円 3,260円
ディリー 130円 910円 1,300円 2,955円
東スポ 120円 840円 1,200円 3,300円
  • 購読紙は管理事務所での受取りとなります。(配達はいたしません。)

インターネット

管理事務所サロンにインターネットに接続されたパソコンが用意されておりますのでご自由にお使いください。プリンターも設置されております。  管理事務所には無線LANアクセスポイントが設置されております。無線LAN内臓のノートパソコンをお持ちの方は管理事務所サロンでご利用ください。


管理事務所からのお願い

お楽しみの後は、ゴミの分別をお忘れなく!
 夏から秋はバーベキューに絶好の季節。でも終わった後、空きビン/空き缶と残飯などを分別せずゴミに出す人がいて困っています。そのままでは回収業者が引き取らないので、私たちの手で袋を開けて(悪臭と戦いながら)ゴミを分け直していますが、時間的にも大変な負担となり、現状では草刈りや枝打ちなど本来の業務に支障が出かねません。美しい別荘環境を守るのは、お一人お一人の小さな心遣いだと思います。どうぞよろしくお願いいたします。 オーナー以外の人だけで別荘を利用するときには、オーナーの方から、別荘のマナーを十分にお伝えください。
生ゴミを出すときはゴミ袋の口をしっかり閉めてください。特にゴミ収集所が一杯で収集所の前に出す場合はカラスが襲撃してきて散らかしてしまいますのでカラスから襲撃されないよう配慮してください。l
            → 「ゴミの分別」へ

ゲートの開閉について
ゲートの開閉はカードキーを使ってください。
午後6時より朝8時の間にゲート開閉を管理人に依頼するのはご遠慮ください。


ラケットとボールの貸し出し

 管理事務所にはテニスのラケット、ボール、それとバスケットボールを用意しております。ご希望の方は管理事務所まで申し出てください。

PHOTO : Gennosyouko

富士スバル高原京王第二次別荘地WebsiteTOPへ